格安航空券をなくした場合はどうなるか

- 格安航空券をなくした場合はどうなるか

格安航空券をなくした場合はどうなるか

2017年1月5日 6:41 PM

格安航空券を買ったはずなのに、どこかへ紛失した。
もしくは当日空港へ持っていくのを忘れた。
人間ですからしかたのないことです。
とはいえチェックインカウンターで気づいた際には、どうしたらよいのでしょうか。

紛失した場合

格安航空チケットは、出発日よりも相当早めに手配します。
そのため旅行日近くになって、どこへしまったか、わからなくなることもしばしばです。
最悪紛失、ゴミと間違えて捨ててしまう人も少なくありません。

しかし慌ててはいけません。
旅行代理店に頼んだ場合は店舗へ、航空会社から直接購入したのならコールセンターへ問い合わせましょう。

基本的に紙の航空券は再発行されません。
実際には、新しいチケットを購入し、二重購入証明書を発行してもらいます。
後日紛失したチケットが出てきたら、手数料を差し引いて払い戻してもらいます。

当日忘れた場合

当日忘れた場合も、基本は新しい航空チケットを購入します。
そして二重購入証明書をもらいます。
とはいえこちらのケースでは所在がはっきりしているはずです。
そのため後日、手数料は差し引かれますが、古い格安チケットの料金を払い戻してもらえます。

もちろん新たに買うチケットは当日券です。
せっかく最安値で購入していたとしても、割引の意味がなくなります。
出発前に必ず航空券もしくは控えの有無を確認しましょう。

佐竹敬久秋田県知事は4日の定例会見で、海外からの誘客の一環として格安航空会社(LCC)の誘致に意欲を示し、「国際線の実現は難しいが、国内線の可能性がないかどうか研究している」と述べた。

引用元:LCC本県誘致へ意欲 佐竹知事、国内線での可能性研究|秋田魁新報電子版

eチケットの場合

航空券を紛失したり忘れたりしない方法として、現在ではeチケットが普及しています。
こちらは予約時にメールが送られてきます。
それを当日自動チェックイン機にかざすだけです。
とはいえ携帯電話などを忘れたらどうするか。

今の人であればスマホを持ち忘れただけでパニックに陥りそうですが、それでも大丈夫です。
予約している情報はホストコンピュータに保存されています。
本人を確認できる運転免許証などがあれば問題ありません。

それもなかったら、出張や旅行どころではない心理状態でしょうから、道中不安になりますので止めた方が無難です。

相談してみましょう

国内の旅行であればパスポートは不要です。
最悪の場合でもまずはカウンターで相談してみましょう。
年末年始などのように忙しい時以外なら、格安航空券であっても日本の航空会社は前向きな対応をしてくれるはずです。

Tags: | Categories :日記