ネットで予約する際に起きがちな格安航空券のトラブルとは

- ネットで予約する際に起きがちな格安航空券のトラブルとは

ネットで予約する際に起きがちな格安航空券のトラブルとは

2016年12月28日 6:27 PM

格安航空券の購入はネット経由が増えています。
とはいえ普及に従ってトラブルも発生しているようです。
もちろん危ないサイトを避けることですが、万が一問題が起きた場合には、対処法を知っていると安心できますよ。

チケットが届かない

ネットで航空券を予約した場合、多くのケースでは宅配便などによって現物を送ってもらいます。
とはいえ一定期間過ぎても届かないことがあるようです。
この際はサイトへメールもしくは電話をして確認しましょう。
もちろんメールを使ったeチケットもありますが、連絡が来なかったらどうするか。
考えられることは、自分のメールアドレスを誤入力した、相手のサイトを迷惑メールに設定してる、そもそも購入していない、などが想定されます。
こちらも早めに確認してみましょう。

キャンセルできない

格安航空チケットは予約変更できません。
しかしキャンセルはできます。
この辺の解釈を間違えている人が多いようです。
基本的にプランを変更したいなら、一度予約を取り消し、再度予約し直すことになります。
海外のチケットではキャンセル自体ができないケースもあるようですが、国内であればキャンセルはできるはずです。
それでも拒否されてしまう場合には、事前に利用規定を確認するべきですが、サイトの責任者に連絡してみましょう。
ただし出発日に近づけば取り消し手数料の金額が上がります。
事実上キャンセル不可と同じことです。

サイトがつぶれた

最も困るケースは、予約したサイトがつぶれることです。
そのため大手の旅行サイトを利用すべきでしょう。
最安値や激安などの謳い文句に惑わされてはいけません。
言い換えると、安いには理由があるからです。
もちろん最悪は泣き寝入りですが、国民生活センターへ問い合わせてみましょう。
同じような被害者がいるかもしれません。
一緒に弁護士などと訴訟を起こせる可能性があります。
最後まで諦めないことが大切です。

相談してみましょう

格安航空券をネットサイトから購入する場合には、信頼できるサイトを利用しましょう。
とはいえどうしても埒が明かない時には、国民生活センターなどへ相談してみましょう。
諦めなければ対策はあるはずです。