予約に関する格安航空券への不満は何か

- 予約に関する格安航空券への不満は何か

予約に関する格安航空券への不満は何か

2016年12月28日 6:27 PM

格安航空券を使うからといって負い目を感じる必要はありません。
今では当たり前の手段です。
堂々と利用しましょう。
そうなると逆に不満や疑問を抱いてしまうかもしれません。
例えば予約に関する問題点は何でしょうか。

予約の変更ができない

格安航空チケットに慣れてくると最初に抱く疑問は、予約の変更ができないことでしょう。
考えてみれば当たり前のことです。
制約があるからこそ割引の料金で購入できるのです。
そうしたリスクを含んでいるからこそ安いのです。
使う前に理解しておきましょう。

3日前までしか買えない

割引された航空券は、原則として出発の3日前までしか購入できません。
それを過ぎると通常料金になってしまいます。
空席にするより叩き売りした方が良さそうな気もしますが、そうすると正規に買ったお客さんとの間に不公平感が生まれます。
だからしないのです。
とはいえビジネス客などを対象とした割引のプランもあります。
例えばJAL航空券であれば特便割引1、ANA航空券は特割1、SFJ航空券ならSTAR1などです。
これらは前日までの予約で激安の料金、例えば羽田伊丹間10,600円などもあります。
ただしフライトや座席数に限りがあるので、絶対乗れるとは限りません。

ダブルブッキングはないのか

海外の旅行で格安航空チケットを利用すると、ダブルブッキングがよくあります。
国内線では大丈夫なのでしょうか。
とはいえ航空会社の裏事情を考えれば、想定の範囲内で座席数以上の航空券を売っています。
極力空席にしたくないからです。
不思議なことですが必ずと言ってよいほど、各フライトにキャンセルが発生します。
だから2便ずらせば、天候不良などがない限り、当日のキャンセル待ちもほぼ可能とされています。
最悪ダブルブッキングの際は、航空会社の責任で次の飛行機に乗せてもらえます。
場合によってはビジネスクラスにグレードアップしてくれることもあるようです。
時間があれば待った方が得かもしれません。

相談してみましょう

格安航空券であっても、今なら大手も認めている航空チケットです。
利用上の条件等はありますが、トラブルがあればそれに従って相談してみましょう。
日本の航空会社であれば、不条理なことはないはずです。